2015年03月18日

クランクでのチヌゲェ〜再び

今日は久々の遠征ざますヨ。

中山のケーキさんを口説き落として、
クランクでのチヌゲーに連れてっもらいました。

深センから長距離バスで2時間。
更にソコから車で1時間半。

辿り着いた先は船で渡る沖提。
ここに来るのは約1年ぶり(最後はレンジバイブでチヌ捕獲じゃ)だ。

沖提
ゴールが霞んでるほど長い。

沖提
実際、この日は辺りが霧で覆われてた。

前回の挑戦後、ソルトでクランクを多用するようになった。
操作のコツも判って来た。
この日の目標、前回を超える3匹のチヌ。
自信はあるぜぇ〜

沖提
足場はこんな感じ。

ゴロタよりは滑り辛く、安全面は上なのだが、
地面と水平な場所は皆無で、
常に斜め立ちで攻めなきゃならない。

これが非常に疲れる。

足休めの休憩中にケーキさんがド級のガルーパを捕り逃す。
どうやら潮が動き出し、活性が上がってるみたいだ。

よっしゃ、イキまっせ!
クランクで続投。

そして、小さな当りが。
グッ、グゥ〜って感じの重みに合わせてフッキング。

この瞬間が最高に気持ちエエぞ。

ロッドをオッ立ててやや強引に寄せる。
魚体が見えた。

チヌ
決まった。いっぽ〜ん!

かっちょええ魚やで。
ありゃ、体に薄い横帯が現れないな。
ならば、日本に居るマチヌとは違う種類かも。

地元だと横帯が出る種が日本にも居るマチヌで、
出ない種は「牛糞」と呼ばれている。
なかなか不名誉な呼び名だ。

チヌ
ヒットルアーは【ディープラトリンフラットワート】だ。

値段もお手ごろ。
フロントフックは取り外してる。

日が落ちた頃、潮が止まり、一旦休憩。
休息後、ケーキさんから「マチヌを捕獲」とメッセージが。
それに続くようにボクにも。

チヌ
今度は【ウィグルワート】に出た。

小物だったので、リリース。
改めて写真で見直すと体高があるな。
これはナンヨウチヌかもね。

この日はポイントの条件は良さそうだったけど、
2人の釣果はコレまで。
目標の3匹には届かず。

チヌ
お家に帰って、チヌを捌いた。

お腹にはチッコイ蟹が何匹か入ってた。
クランクは甲殻類を演出してるのかな。

1匹は刺身に、1匹は中華で美味しく頂きました。

ケーキさん、お世話になりっぱなしでした。
釣った魚まで頂き、感謝ッス。
また一緒に遊んでくださいね!

その他の写真


posted by 村田貴紀 AD 15.03.18 | Comment(6) | TrackBack(0) | 珠海釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
4月になると同じポイントで大型のガルーパが釣れだします。また遊びに行きましょう!
Posted by 中山の釣り師 at 2015年03月23日 13:30
せっかく声かけていただいてたのにうっかり回答すら忘れてて本当に申し訳ございません!次回こそは必ず参戦させていただきたく思いますので何卒よろしくお願いします!平日がやはり人がいなくて良さそうですねぇ。。。一日くらい有給取ってでも行きたいところです。。。
Posted by SOON at 2015年03月24日 13:44
中山の釣り師さん
ガルーパ、良いですね。
竿ごと引っ手繰るような当たりを味わってみたいです。
是非是非、よろしくです!
Posted by 村田貴紀 at 2015年03月24日 15:33
SOONさん
コレがまたエエ引きするんやで。
楽しいよぉ〜
次回は一緒に行けたら良いね。
Posted by 村田貴紀 at 2015年03月24日 15:39
関西では小型のチヌを「ババタレ」なんて呼ぶ地域もあったりしますが(笑)それにしても精悍な感じでカッコいいです! 日本の沖堤とは装いが違いますがどこもこんな感じなんですか?
Posted by セコ釣り王 at 2015年03月28日 22:27
セコ釣り王さん
ババタレっすか?ナカナカの呼び名ですね。
ボクは2つしか此方の沖提を知らないのですが、
2つとも作りが違います。

今回の沖提は何処に居ても疲れますが、
どの位置でも釣りができるのが利点。

別の沖提は消波ブロックを雑に並べてるので、
一定のポジションを陣取るなら良いのですが、
移動に一苦労って感じです。
Posted by 村田貴紀 at 2015年03月30日 15:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。