2016年05月07日

香港アフリカンクララ釣り指南(準備編)

ここ近年の怪魚釣り&海外釣りブームの影響か
日本からアフリカンクララ狙いで、
香港に来るアンングラーが増えている。
リピーター率も高い。

あの大自然や癒しを感じないポイントを「楽園」と思ってる、
通常を逸したアングラー達を案内してる過程で
香港に来るまでの準備や、クララ用の相応しいタックルなどを
もう一度、詳しく伝える必要があると感じた。

少しでも快適で、楽しい旅になって欲しい。

なので、まとめを作って、この場を見て貰おう。
状況に応じて、今後も修正をしていくつもりだ。

ちなみにボクは今のところガイド料を取っていない。
つまりタダだ。
なので、問題が有っても責任は持たない。
自己責任でお願いね。

航空券
チケットはネットで格安航空券を探せば見つかる。
時期で値段も大きく変わる。
日本、中国の連休に重なると値段が高い。

特に1月末から2月中旬頃は
中国の旧正月と重なるので、クソ高い。
まぁ、この時期はシーズンじゃないから、外した方が良いね。

ちなみにクララのシーズンは3月から11月までだけど、
5月から8月頃は雨が多いので、
せっかく香港まで来たのに、釣行を断念するおそれもアリ。

香港エクスプレス
安い時期は2万円台で往復チケットが買える。

ホテル
ポイントのアクセスを考えると
香港の新界地区と言われる所に、ホテルを予約するのが良いが、
この付近はホテルが極端に少ない。
安宿が存在するが、日本の代理店が薦めるレベルじゃないのだろう。
なので、ホテルは九龍エリアが良いと思う。
ジョーダン駅付近にはタックルベリーがあり、日本語が通じる。
繁華街も近いので、観光も楽しめるネ。

九龍エリア
Googleマップで九龍エリアをキャプチャーしたら、不気味な写真に。

費用を浮かせたいなら深センに宿を取るのもアリだ。
値段は香港の半額位。
羅湖駅付近なら時間帯にもよるが、ドア to ドアで1時間切る事も。
九龍エリアからの移動と比べ
お早いラップタイムを叩き出せるゼ。

衣類
どの季節であろうが、ボクは長袖、長ズボンを着用してる。
4月から11月まで半袖オッケイの温暖な香港だが、
虫除け対策として、できるだけ露出を控えて欲しい。
アーム&レッグウォーマーの装備も良いよ。

イサベラ・ドライ
ボクはFin-chのイザベラ・ドライの長袖を愛用。通気性が良くて驚くぞ。

あと、薄いスェットやジャージなどがあっても良いかも。
これは釣り場で着るのではなく、ホテルで着る為。
香港の施設内はエアコンがガンガン効いている。
ホテルで寒いから、体を折りたたんで寝るハメになるかも。

靴は歩いても疲れないスニーカーが良いと思う。
気軽なサンダルでも良いけど、靴下は絶対に履け。
ヒアリに噛まれたって知らん。

ヒアリ
アレルギー体質の人には要注意のアリだ。

雨具も有った方が良いね。
どのポイントでも避難場所がある訳じゃない。
土砂降りが来たら、あっという間にずぶ濡れになる。
100円ショップとかの簡易カッパでも欲しいな。
キリさん達の苦笑いが目に浮かぶ。

ハマさん
エリアによるが、避難場所もあり、就寝も可能。

小道具
パスポートのコピー
(最悪携帯でナンバーのページを写しておけ)
フェイスタオル
ポケットティッシュ
日焼け止め
おっと、タバコを吸う人は気をつけて。
持ち込みは19本までなんだよ。
で、現地で買うと日本より高いよ。

現地で購入の小道具
虫除けスプレーだ。
薬事法が違うので、効果も違う。
日本のモノより効き目アリかと。

虫除け
小さめのモノならポケットに入るし、現地で使い切るつもりで噴射しまくれ。

取り急ぎ、思いついたモノだけ書いてみた。
また、新たな発見があれば追加、編集しよう。

では、また明日。

posted by 村田貴紀 AD 16.05.07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 感想や思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クララ指南に登場できるとは光栄です。これ、そっくりそのままターポン指南に使えますね。
Posted by はま at 2016年05月07日 16:33
はまさん
できるだけ、女囚川の住人を指南に登場さたかったんです。
SUZUKIさんも登場しますが、
MABOさんの写真がないんですよ。
チョッとはまさんのブログからお借りしますね。
Posted by 村田貴紀 at 2016年05月07日 17:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック