2016年08月31日

中国の釣具屋でベイトリールのメンテナンス

チョッと聞きたいんだけど、
君たちってメカに強い?手先は器用?

そうなら自分でリールのメンテナンスはできるよな。

ボクはいい加減な性格なんで、
細かいことを続けられないんだよ。

なので、帰国時にリールを持って帰って、
メンテをお願いしてた。

それでも不便でサ。

日本でのメンテも1〜2日で終わらないでしょ。
だから、メンテを終えて中国に持って入るのは次の帰国時とか。

常に1〜2台は日本に置き去りになってるんだよね。
使いたいときに使えない状況。

こまったモンだ。

この日の晩、ケーキさんに誘われて中山市郊外の釣具屋へ。
中国ロッドメーカーの直営店らしい。

店内
店内はルアー用品だけ。

この日、オーナーは居なかったが、
ルアー好きが高じて、ショップどころか、ロッド工場まで経営してるそうだ。

ロッド
お店に飾られてたロッド。

結構な品揃え。
流石、沿岸部で生まれたメーカーだけあり、ソルト用が目立つ。

あっ、ちなみにFishmanとは全く関係ないので、あしからず。

オーナー、店員ともにルアー釣りを趣味としてるんで、
釣り場の情報も明るい。

メンテナンス
更にこんなサービスもしている。

そう、ベイトリールのメンテナンス。
ここでリールを購入したらメンテナンス費用は不要なんだって。
(他の店で購入してても、お金さえ払えば受けてくれる。)

これは良い事を聞いたゾ。

チョッと手元のリールの調子がイマイチだったので、
次回は此処に預けてみよう。

中国って不便な事も多いんだけど、
探せば解決方法は意外と転がってるんだよ。

ソレを見つけるのが中国の面白さなんだ。
タグ:釣具屋
posted by 村田貴紀 AD 16.08.31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国釣り情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック