2016年11月16日

クランクでチヌも釣っちゃうよ

またまた暑くなってきた。
チャイロマルハタが復活してるかも知れないケド、
未練は捨てて、未来を見よう。

ってな事で、これからの季節はチヌですね〜
アホイ、ケーキさんと一緒にチヌ狩りへ出陣!

ポイントは港からボートで約20分の無人島。
不人気スポットなんで、釣り人は居ないが、漁師は多い。

そう、漁師が多いって事は魚が居る証拠だよ。
クランクをセットしてバンバン撃ち込め!

ナンヨウチヌ
アホイの先制攻撃が決まった。

ボクも2回ヒットしたが、
ブレイクから引きずり出す際にバラす。

でも、今日はキテルね〜

シャローエリアに移ると小さい当たりが。
アレ、でもこの感覚は・・・

チャイロマルハタ
別れた筈のチャイロマルハタでした。

来年に会おうって約束したじゃない。
そんなにボクが恋しいか?

でも、君は幼いから海に帰ってクレ。
来年、また会おう。

オコゼ
これは同じタイミングでケーキさんが釣ったオコゼ。

へ〜、オコゼもクランクで釣れるんだ。
まだ、釣った事ないからウラヤマシイな。

こんな感じで小物と遊んでいたら日が暮れた。
ここは無人島。
外灯等が全くないのと、蚊が増えたので、今日は此処まで。

早く寝て、朝マズメに備えるか。

翌朝、本命を釣ったアホイは就寝中。
ボクとケーキさんの2人でリマッチ。

前日より潮が引き、ブレイクが手前に来ていたので、
ルアーは噂の【ウィグラー】をセット。

ここで釣れたら本物だな。

ウィグラーは良い感じでゴロタを舐めている。
コツコツと底を叩いてると、ガンガンって感じで気持ちエエ〜当たりが。

ナンヨウチヌ
フゥ〜、ビュ〜リホ〜!

コヤツのファイトは面白いね。

チャイロマルハタの様な短期決戦も時には必要だし、
岩に潜らないって言っても油断できないし。

今日も大活躍のウィグラーを手に取ったら
フックが曲がってた。
危なかったな。

まだイケそうなんで、続投。
超スローに底を叩くと、ドカーンとキタ!

ナンヨウチヌ
これはデカいゼ。

ナンヨウチヌ
ウィグラーは何色でもイケるんか。

持ち上げると凄く重い。
これ以上釣ってもクーラーボックスの場所まで運ぶのが辛そうだし、
釣果としては大満足なんで、コレにて終了。

今回もウィグラーは勝利を収め、ボックスへ帰還した。

1個約100円のルアーがどれほど活躍するのか。
全部で6個購入したのだが、既に6個分の元は取ってる。

ナンヨウチヌ
明るくなってきたので、2つ並べて写真撮影。

この角度だと大きさが判り易いかな。
朝日がシルバーの魚体に染みて良い感じ。

ナンヨウチヌ
このアングルだと小さく見えるが、なんか気に入ってます。

ナンヨウチヌ
ケーキさんにも。

そうそう、この魚なんだけど、
日本のマチヌじゃなくて、ナンヨウチヌなんだってサ。

んで、コッチでの呼び名が「牛糞」とな。

持って帰って食べるんだが、
この名前を思い出すと、気分的に味が落ちる。
食材に付ける名前じゃないよね。
posted by 村田貴紀 AD 16.11.16 | Comment(4) | TrackBack(0) | 珠海釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
糞って…。

強烈に引きそうな魚体であるわけ。
Posted by 広海 at 2016年11月18日 09:52
広海さん
確かに「クソほど強い牛」って形容なら納得っす。
昨晩、刺身で食べたんですが、まあまあ旨かったです。
Posted by 村田貴紀 at 2016年11月18日 10:09
村田さん

朗報です。
日本で 今週香港のアフリカンクララ釣りの番組が夜中放送されました。
これから忙しくなりますよ!
Posted by かつまた at 2016年11月18日 21:20
かつまたさん
どうもです!
色んな方から放送されたことを聞きましたので、
ボクも見てみました。
あれを食べちゃうのは凄いですよね。

ガイドですが、あの場所へ行くならパスかなぁ〜
と考えてます。
正直、あの場所へ行ってもボクはすることがないんですよ。

セリさん、ネガさんはお元気ですか?
ヨロシクお伝えください。
で、また遊びに来てくださいね!!!
Posted by 村田貴紀 at 2016年11月19日 19:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック