2016年09月10日

90アップは幻か?

またまたバラ堀。
なんだか、ローカル仲間のアホイがハマってるっぽい。

友人
アウトドア派のアホア夫婦も来た。

今年は少々涼しい。
今日は雨も降ったので、なお更だ。

バラマンディ
アホイの先制攻撃で幕開け。

やたらミノーに反応が良い。
当りがハッキリ伝わるんで、おもろいナ。

友人
ダブルヒットなんてザラ。

バラマンディ
デカいミノーでもガンガン当たる。

マングローブジャック
好調アホイはマングローブジャック。

バラマンディ
ボクもミノー。

タイリクスズキ
アホア奥さんもミノーでタイリクスズキ。

バラマンディ
当然、アホアもミノー。

そろそろトップかな?ってタイミングになったんで、
ペンシルを流した一投目でヒット。

バラマンディ
クソ重てぇ〜

これは測っておかなきゃ。
80はあるでしょ?

バラマンディ
口開けで90にちょい足らず。

しかし、今年はデカいのが多いな。
バラマンディの季節もそろそろ終盤。
来年はどうだろうねぇ〜
posted by 村田貴紀 AD 16.09.10 | Comment(0) | TrackBack(0) | エリアフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年08月27日

光と影は隣同士

不運の特効薬なんて無い。
黙って過ぎ去るのを待とう。

今回は2日間に渡る光と影のお話。
舞台は中山市郊外のバラマンディ釣り堀。

初日のメンバーは日本からヨネさん、
香港からピンポンさんとナベさん。
そして、大陸側のケーキさんにボク。

友人
現場に着いてピンポンさんが速攻でヒットを奪う。

バラマンディ
輝いてるねぇ〜

友人
追っかけるようにケーキさんにヒット。

バラマンディ
うぉ、眩しい位にデカい。

バラマンディ
堂々の80upでピカピカに光ってます。

2人とも【レンジバイブ70ES】でのヒット。
このサイズって使った事が無かった。
今年は大物が多いので、このサイズが正解かも。

バラマンディ
へへへ〜、ボクも追いついた。

ナベさん卸したての純正ボガグリップをお借りしてのキャッチ。
スンマセン、初モノがボクで。

この辺りで明暗が分かれてきた。
まだ釣れてない2人に暗雲立ち込める。

友人
ツイてないヨネさんが買ったアイスはまさかのドリアン味。

2人ともボクより当たってるのだが、何故かバレる。
電撃フッキングしても
十分に送り込んでもバレる。

ボクは良い時間になったし、
余裕も出たんで、トップで遊ぶ。

バラマンディ
ボクは【シャワーブローズ】で。

友人
ピンポンさんもトップでヒット。

バラマンディ
これまた大きいルアー【アマゾン ペンシル】で。

普段は眺めるだけのデカいルアーで釣れるのがエエね。
水車が回ってる時間は
アピールの強いルアーが向いてるのかも。

バラマンディ
遅れちゃったケド、ヨネさんにもでた。

これで、ヨネさんの運は上向くと思った。
しかし、トップにバラマンディがダブルヒットすると言う奇跡が訪れるも
力自慢のバラマンディ2匹を相手にするのは厳しく、
ルアーごと掻っ攫われてしまった。

そして、終了〜

友人
結局、ナベさんの勇姿を撮ることができなかったので、こっそり撮影。

ここで、ナベさんの後日談。
翌日、ピンポンさん、ヨネさん、ナベさんの3人は
おなじみ女囚川に行った。

ケンヒー
女囚側でナベさんの一撃が炸裂。

前日の鬱憤が抜けてないのか、
ナマハゲが包丁を噛んでるような怒り顔に見えるんだが。

見事なケンヒー捕獲、おめでとうございます。

で、ボクとケーキさんは2連荘でバラ掘へ。
ローカル仲間アホイも一緒。

バラマンディ
初っ端からトップ。

この日は曇り空で、過ごしやすい日だった。
その影響かな。

バラマンディ
ケーキさんもトップで。

友人
対岸に居た住職さんもキタ。

バラマンディ
もちろんトップ。

バラマンディ
これもトップ。

バラマンディ
トップじゃ。

バラマンディ
トップ〜!

タイリクスズキ
んで、住職さんはタイリクスズキをトップで。

タイリクスズキ
激ヤセのペラペラなヤツ。

もうチョッとルアーを無視すれば
餌の時間だったのにな。
このタイリクスズキもツイてないゼ。

光が当たれば影もできる。
アホイが嵌った。

友人
ロッドは曲がるのだがバレる。

友人
曲げるがバレる。

そして、終了〜
この日はアホイがハズレを引いた。

光と影は隣同士。
ボクも気をつけなきゃネ。
posted by 村田貴紀 AD 16.08.27 | Comment(2) | TrackBack(0) | エリアフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年07月24日

君も今日からボク達の仲間

またまたバラバラ掘り。

今日は住職さんとシノさん、
そして、シノさんの息子のタイキ君。

夏休みで、タイキ君がコッチに遊びに来てるんで、
シノさんは家族サービスやね。

友人
先に来ていた住職さんは既に2桁あげてた。

友人
好調を証明する様に、すぐさまロッドを曲げる。

住職さんに手を合わせ、お祈り。
釣果に恵まれますよ〜に。

まずはバイブレーションで手堅い1匹を狙うか。
しっかし、今日は暑いなぁ。

バラマンディ
おっしゃ、ご利益を貰ったぜ。

友人
マスター住職さんはタイキ君の指導。

友人
シノさんはヒットしたら

友人
タイキ君を呼んで、一緒にファイト。

友人
カンペキな家族サービスです。

余談なんだけど、ボクの家族とシノさん家族って、
今年の3月まで深センの同じマンションだったんだよ。
その時は全然知らなくって、
この日、お互いが知ることに。

友人
クソ暑いのに住職さんだけは釣る。

やっぱ、スゲェ〜な。
小さいルアーに逃げなくとも結果をだす。
こっちは当りすらないのに。

バラマンディ
試しに小さいスピンテールを投げたら一撃でしたw

暑さで体力ゲージは真っ赤。
当りも少ないので、気力も急落下。
椅子に座ってバイブレーションをキャストしてタダ撒き。

バラマンディ
ドカンとキタ奴はこの日一番の大物だった。

ダラダラと時間を潰し、4時になったんで、
トップウォーターで遊びましょ。

バラマンディ
よっしゃ〜

このルアー、名前はなんだっけな?
5年位前に買って、要所要所で使っていたが、
お宝に恵まれなかったルアー。
やっと、日の目を見る事ができた。

コレ、バラマンディのトップ攻略では良いね。
アピールは強いし、移動距離も短い。

そんな時、ちょっとしたイベントが始まった。

餌釣り
ルアーポンドなんだけど、餌釣り軍団襲来。

この軍団、前回は3,000元(約48,000円)払い、決められた時間内で、
約250kgのバラマンディを釣り上げ、持ち帰ったらしい。
1kgを12元で買い取った事になる。

釣り堀オーナーの予想を上回る水揚げ量だったらしく、
今回は一旦断ったが、両者の再交渉の末、
4,000元(約64,000円)で、壮大な餌釣りが始まった。

彼らは組織的で、遠慮なく釣りまくった。
ルアーポンドで餌釣りされたら、入れ食いじゃん。

ノベ竿を3本を用意しているのだが、
1本が攻めている時は2本待機。

ヒットして、抜き上げた後、
間髪入れず、待機中の1本を攻めに回す。

同時に2本以上で攻めると料金が倍になるので、
2本以上では攻めないが、
3本のローテーションで、常に糸を垂らしてる。

ヒットしてからもエグイ。

フッキングが決まったら、ロッドを立てて、
とにかく後方に下がる。
仲間達がラインを掴み、引きずり上げる。

撒き餌、ハリ外し、取り込みなどの担当業務を
各々がキッチリこなして、釣りまくる。

気持ち的には苦笑いなんだが、
中国らしい面白いネタに会えたんで、ヨシって感じかな。

6時を過ぎた頃から、トップに出まくる様になった。
トップなら、ナニを投げても釣れそう。

バラマンディ
なので、この機会に未釣果ルアーを。

バラマンディ
トップでデカイのも釣れた。

住職さんのロッドでサイズを測ってみたら、
80にチョッと足りない位だった。

タイキ君は苦戦してた。
まだ、自分のロッドで釣れてないんだ。

でもね、凄い集中力なんだよ。
長時間、ずっと頑張ってる。

ここのバラ掘りのセオリーは底なんだけど、
今ならトップで出るかも。

しかし、ボクも住職さんのタックルには
ロッド操作が必要なペンシルやポッパーばかり。

いや、ひとつだけクロール系があった。
シケイダーII バスチューンに少し手を加えたヤツ。

「タイキ君、コレを使いな。」

軽いし、アピールも弱いけど、イケる筈だ。
少しでも目を離すと、見失うほど弱い存在だが、

友人
ドッカーン!

友人
どや、バラマンディのパワーは?

ルアーが小さく、軽いので、飲まれてる可能性がある。
歯ズレのラインブレイクが怖い。

落ち着いて欲しいが、
悠長にもできない。

友人
もう一息だ。

友人
オメデトウ!

お父さんの手を借りずに、バラマンディを仕留めたね。
近い距離でバイトしてきたから、ビックリしただろ?
アレは慣れた大人でも驚くよ。

この後も、同じルアーでバラマンディを釣り上げ、
2つのトロフィーを手にした。

タイキ君、今日はお疲れ様。

別れ際に聞いた「バイバイ」は
朝に聞いた「おはようございます」よりも
何倍も力強く感じたよ。

また、遊ぼう。
だって、今日から君も仲間じゃないか。
posted by 村田貴紀 AD 16.07.24 | Comment(0) | TrackBack(0) | エリアフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする