2017年02月25日

なぜ【Fishman BC4】なのか

キープキャストで色々なロッドを紹介させてもらった。

商品を紹介する身分で、得意分野、苦手分野なんてあっちゃマズイんだが、
日頃のフィールド、対象魚、スタイルにハマるロッドの説明は
特に力が入ってたし、感触も良かったと思う。

海外遠征を視野に入れているユーザーが予想以上に多かった。
ボクはメーカースタッフに希少な海外組なので、
国外の釣りには説得力があったんじゃないだろうか。

最新の怪魚マガジンにも取り上げられてる【Fishman BC4】
今、なぜこのロッドなのか?

名古屋で声を枯らしながら振るった熱弁を
この場で再現してみましょ。

BC4
【Fishman BC4】は4ピースロッド。

所謂、バッグロッドってヤツ。
スペックは以下の通り。

 XHMXHLH
 レングス 5ft10inc
 マテリアル 4軸カーボン
 自重 167g 143g 133g
 ガイド Kガイドチタン+ステン 
 継数 4ピース
 仕舞い寸法 49cm
 グリップ部 49cm
 ルアーウェイト 10 〜200g 7 〜 55g 7 〜 40g
 ライン PE3 〜 10 号 PE1 〜 5 号

XHはビックベイト愛好者にお勧めだね。
バスアングラーからの質問も多かった。
大きいミノーのジャークにもストレスなく対応できちゃう。
圧倒的なバッドパワーでストラクチャーからビックフィッシュを引き剥がそう。

LHとMXHはアジアのバラマンディ釣り堀、ボートシーバスなんかも良い。
足場の問題をクリアできるならロックフィッシュもブチ抜けるしね。
小型ルアーも全然イケちゃう。

釣りの話は此処までにしておこうか。
汎用性の高い竿だから、例を上げるとキリが無いし。

これから旅に焦点を当ててみよう。
「カウンターベルト」と「直線ベルト」って聞いた事あるかい?

これは釣り用語じゃなくって、
飛行機に荷物を預けた後、機内まで預けた荷物が運ばれる
ベルトコンベアーの事なんだ。

・カウンターベルトはスーツケースなどの荷物を流すベルト。
・直線ベルトは長物などの特殊な荷物を流すベルト。

曲がりくねったコーナーの多いカウンターベルトで長物を運ぶのは
カーブで詰まりが発生するんだと。

そう、バズーカなどに入れられたロッドは直線ベルトが使われるので、
スーツケースとは別ルートなんだよね。

香港空港
なので、スーツケースは受け取ったのに、なかなかロッドが出てこないのはコレが原因なんだ。

一箇所で複数の目的地を処理してるチェックインカウンターは
ひとつのベルトで複数の航路の荷物を処理してたりする。

大手の空港会社は1便につきひとつのベルトを使うので、
積荷ミスが格段に少ないが、直線ベルトは共有するだろうし、
海外の管理がずさんな会社はゴッチャ。
現地に荷物が届かないケースって意外とあるのよ。

目的地でロッドが届いてないと、旅はアウトだ。
言葉も通じない海外でコレは痛い。
空港内をウロウロしてたら、毒薬を吸わされちゃうかもよw
親切な日本文化との違いを勉強できるぜ。

スーツケースにロッドが収まるってのは大きいメリットなんだよ。
【Fishman BC4】なら機内持ち込みも可能。
海外の空港は荷物の取り扱いが雑だから、
常に自分の側に置いちゃうのが、一番安全かな。

まぁ、スーツケースに入れとけば、雑に扱われたって、
どうにかなる様なヤワなロッドじゃないケドね。

しかし、釣りの全ての荷物を機内に持ち込むのは難しい。
フックがあるからね〜

なので、結局なにかしらを預けちゃうんだけど、
「直線ベルト」に乗せないパッキングをすれば
旅の躓きは格段に減る。

ピンが撃て、ぶっ飛びで、パワーのある【Fishman BC4】は
旅のヒロイン役をキッチリ勤めてくれるよ。
posted by 村田貴紀 AD 17.02.25 | Comment(2) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月22日

パンドラの小包

最後の荷物が届いた。
この小包はパンドラの箱かも知れない。

チョッとだけ、時間を戻そう。

タイリクスズキ
先日、近くの釣り堀へ行った。

夏にバラマンディが釣れてた釣り堀は
タイリクスズキに様変わりしていた。

高比重のバイブレーションが手元になく、
ストレスを感じてたんで、幾つか購入しようと
中国のネットで探した。

そして、使えそうなモノは見つかった。

ここからはその店舗で購入したモノの写真だけを貼っておく。
写真は全て加工済み。

シーバスハンターR-1

ドラドペンシルRS

ドラドペンシルRS

ドラドペンシルRS

ミニエント57S

ソルトバイブ72S

多くは語らない。
ただ、手に取っただけで、オーラを感じた。

この流通は一時的なモノなのか、
それとも今後も続くのか。

小包の中には希望でなく、
色んな欲望が詰まってた。
タグ:ルアー
posted by 村田貴紀 AD 16.12.22 | Comment(2) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月21日

2つの宝箱はイマイチ

昨日に引き続き、購入したルアーが続々と届く。
ドキドキしながら封を切る。

跳躍CRANK 38
まずはコレ。

【跳躍Crank38】って言うクランク。
スペックは3.8cm(リップを含まない)の7.5g。

跳躍CRANK 38
名作クレイジークレイドルにクリソツだ。

でもね、昔オリジナルを持ってたんだケド、
コレはひとまわり小さい気がする。

う〜ん。
コレは失敗だな。

5個で約610円。

値段は安かったんだが、自分の釣りから考えると
用途が見つからない。

じっくり見ると更に気に入らない点があった。

跳躍CRANK 38
ラトルってかバランスが左右に偏る。


跳躍CRANK 38
右に寄ったり、左に寄ったり。

不規則なアクションを誘発するかも知れないが、
ボクには邪魔だな。
カサゴ狙いで使ってみるか。

コレだけだとインパクトが弱いので、
もうひとつ小包を開いてみよう。

Big Snake
買ったのはBasslongの【Big Snake】やで。

アフリカンクララはコレだけでオッケイと思ってる程の代物。
手持ちが寂しくなったんで、2つほど仲間を加えた。

このルアーはチョッとアヤシイ。
メーカーを調べても良く判らない。

しかも今回購入したモノには
ボディに品番が入ってなかった。

Big Snake
上のモノの様に品番が入る筈なのだが。

チョッとソンした気分だが、
ブツを見る限り、使用上の問題はなさそうだ。

そして、本日のメインアイテムはコチラ。

でんぐりカエル

ナマズルアーの【でんぐりガエル】だ。

鍛えられた眼力で品定め。
この商品は本物だと思う。

商品、パッキング等を含め、クオリティが全然違う。
そして、この手のノイジーは中国で人気がない。
わざわざ金型を作ってコピーする理由がない。

中国内で流通してるルアーでも、開発費は相当掛かる。
聞いた話だと、販売価格にもよるが、
中国国内で2万個売らないと開発費をペイしないそうだ。

どの様な経緯で売りに出されたのか?

色々なケースが想像できるケド、
あまり考えないのが吉だろう。

本日の評価はこんな感じ。

価格★★★☆☆
品質★★★★☆
満足度★★★☆☆

そして、最後の荷物が届いた。
ヤバイなぁ〜
公表するべきか悩む。

どうしよう。
タグ:ルアー
posted by 村田貴紀 AD 16.12.21 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする