2017年03月04日

チヌゲー開幕かな

チョッと暖かくなってきたね。

もう、そろそろでしょ?
チヌのシーズンは。

以前からチヌのシーズンを色々な人に聞いてたんだが、
その時期はマチマチ。

なので、11月頃から意識してたんだけど、結果はサッパリ。
流石にもう、釣れ始めると思うんだけどな。

無人島
友人達と無人島に上陸。

テトラ
約3kmのテトラ帯が続く。

このテトラの先には行った事あるけど、
この場は初めて。

自分
今はカサゴもシーズンらしいので、穴釣りにも挑戦。

自分
全然釣れねぇ〜

友人
友人達はコンスタントに釣るのに。

アカン、アカン。
自分の釣りをしなきゃ。

クランクでテトラ際を攻める。
良い感じでコツコツとリップがテトラを弾く。

キビレ
弱い当たりに合せたらキビレがキタ。

綺麗な黄色やな〜
実は野良キビレはコレが初。
サイズ以上に嬉しかったりして。

オニカサゴ
こんなんもキタ。

魚はおそらくオニカサゴ。
小さいけど良いファイトするね。

とは言え、物足りんな。
ガツンと来て欲しい。

そして、夕方5時頃。
クランクが潮の流れで踊る最中、
待ちに待った強烈なリターンが。

ラインがテトラに擦れる。
ロッドを立てて、強引に上を向かせた。
短期戦で仕留めるぜ。

チヌ
うっしゃ〜

コイツは太い。
自己レコード更新は間違いないね。

チヌ
横向き。

チヌ
縦向き。

う、美しい・・・
鱗の黒具合がタマランな。

正確なサイズが知りたい。
捌く前に計ってみよう。

チヌ
47か8って所。

クソ、50には足りなかったか。
重さは相当なんだが。

お腹を開くと、消化し切れてないカニの甲羅がたっぷりでてきた。
潮で踊ったクランクがカニに見えたんかな。

チヌの卵
お腹には卵もたっぷり詰まってたんで、煮付けてみた。

今回、潮は最悪に近かったが、良い結果を得れた。
来週も行きたいなぁ〜
だって、今が本当のシーズンでしょ?
posted by 村田貴紀 AD 17.03.04 | Comment(6) | TrackBack(0) | 珠海釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月11日

テングになっちゃった

中山市に引っ越して約10ヶ月。

なんとなく、コッチでの釣りとポイントのパターンが見えてきた。
で、判った事は冬が難しい。

深センに居た頃はタイリクスズキを狙ったり、
天気の良い日にアフリカンクララで遊んでたが、
それに変わるものが見つからない。

チヌが釣れると思ってたんだが、サッパリ。
まだまだ早いみたいだ。

そんな中、ローカルの友人の誘いを受けて離島に行く事になった。

フェリー乗り場
今回はきったねぇ〜船着場じゃなく、綺麗なフェリー乗り場からの出発。

出向まで時間があるので、
暇つぶしに乗り場を探索。

離島マップ
此処からだと5つの島に渡れるみたい。

どの島も行った事ないから
いずれは全部制覇したいね。

フェリー乗り場付近って、香港だとタイリクスズキのポイントじゃん。
なんで、この海も見てみよう。

珠海の海
おぎゃ〜、これが海か!?

大量の香港ミルクティーを流し込んだ感じ。
ウミンチューも裸足で逃げるだろう。

そりゃ、ここから離れなきゃ釣りにならんわな。

そろそろ時間だ。
青い海を目指してGo!

並ぶ人達
けっこう釣り人が多い。

出発後、すぐに眠ってしまった。
連日の仕事疲れが残ってる。

目が覚めると、そこは離島だった。

離島の海
さっそく海を見た。

透明度は普通だね。
まぁ、問題ないか。

友人
沖堤防に小船で上陸。

離島まで来てるのに、沖堤に渡らないと釣りにならないとは。
中国の環境保護問題は深刻だ。

離島の海
堤防の内側はこんな感じ。

たしか、去年の6月だったか、
堤防の中にある生簀が台風で破壊され、
大量のヤイトハタが逃げちゃったそうだ。

此処に来て逃げたヤイトハタを釣りまくる計画もあったが、
それは仕事の都合で延期となり、
落ち着いた頃にはもう、
噂を聞きつけたアングラーにカスカスにされてたようだ。

離島の海
さて、タックルを準備するか。

今回のターゲットはカサゴ。
離島の沖堤防まできて、カサゴとはね。

Sierra】に小型クランクをセット。
岸際を舐めるように攻めるも反応なし。

小さいジグヘッドワームを穴に突っ込んで
狙ってるアングラー達を見てたが、釣れてる様子は伺えない。

まだ早いのかな?

人気の少ない所で、仮眠を取る事にした。
2時頃、目が覚めた。

釣りを再開する前に、ポイントとアングラーを観察。
驚いたのはルアー釣りが多い。
釣り人は40人位居たんだが、半分以上はルアーだ。

んで、その半分がカサゴ狙いで、
半分がクランクでハタ狙い。

カサゴはチョボチョボと釣れてるみたいだけど、
クランク派はサッパリって感じ。

ポイントはクランク狙いなら何処も美味しそう。

ただし、何処でもってのはある意味悪い。
ポイントを絞れないんだよね。

少しでも変化が欲しいので、堤防の端に移動した。
誰も居ない。

人が居ないってのは実績がないのだろうか?

嫌な感じだが、流れが良い感じで絡んでるし、
自分の目を信じて、ここで撃つか。

ロッドを【BRIST5.10MXH】に換え、
クランクを通すと、良い感じで岩にコンタクトしている。
しかし、当りが無い。

今、クランクに反応する魚が居るんだろうか。

この手の岩場だと、
暖かい時期は足元に沢山のカニが居るんだが、
1匹も見かけない。

エビが来てるなら、漁師がエビ網を放り込んでる筈だが、
それも見かけない。

魚が寄る理由が見当たらない。

クランクを外して【レンジバイブ45ES】を冷たい向かい風にブチ込んだ。

2投、3投と投げたが、何事もなくルアーは帰ってくる。
当然か。こんな時間帯にオイソレと釣れるもんじゃないだろ。

持ってきてるレンジバイブはコレ1個。
マズメまで失くす訳にはいかない。
同じ場所で連投せず、一通り流したら、また仮眠しよう。

と思ってたら、いきなりキタ!

大物って感じじゃないけど、ソコソコの引き。
そして、見事なジャンプを2回。

なんだ、何がヒットしてるんだ?

シルバーの魚体が確認できたが、
チラ見で判ったのは体高がソコソコあるみたい。

タイリクスズキ
ドキドキの興奮で、寄せて捕った。

タイリクスズキかぁ〜
40位?
サイズの割りに良いファイトだったな。

ふぅ〜、これで肩の荷が下りた。
わざわわフェリーに乗って来た甲斐があったよ。

暫くすると別のアングラーが着たので、手を止めて休憩。
今、手の内を明かすのは早い。
まだ、チャンスが有る筈だし。

4時を過ぎた頃かな、良い潮目が寄ってきた。
迷わずブチ込むと、ドーン!

タイリクスズキ
おっしゃ〜、サイズアップじゃ。

70は無いかな?60はあるじゃろ。
流石に人が集まった。

遠慮なしにガンガン割り込んでくる。
まぁ、ボクは十分な結果が出たんで、高みの見物。

余裕だね。
タバコが旨いわぁ〜

ルアーを聞かれるんで、ヒットルアーを見せるが、
そんな小さいヤツはガチガチのロッドじゃ投げられないだと。

マズメ時はボイルが連発すると思ったが、
ベイトが入ってこなかったのか、
寂しい夕焼けを眺めて幕は閉じた。

夜は友人達と釣った魚を料理屋に持ち込んで、
賑やかな夕食。

カサゴのスープ
カサゴのスープ。

カサゴの清蒸
カサゴの中華蒸し。

タイリクスズキの清蒸
そして、最初に釣ったタイリクスズキの中華蒸し。

良い結果を残し、離島を離れた。
まぁ、文句なしでしょ?

チョッと自慢が鼻にツクかも知れないが、
初めてのポイントで周りと違うことをして、結果を出したんだ。
鼻高々になるのは仕方ないよな。

何時へし折られるか判らない脆い鼻だけどね。
posted by 村田貴紀 AD 17.02.11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 珠海釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月10日

調理前に

今回もソルトのクランクゲームなんだけど、
携帯電話を持って行くのを忘れちゃった。

しかも、現場でヘッドライトの電池が切れると言うお粗末。

真っ暗で糸は結び辛いわ、
時間が判らないので、潮のタイミングも目測。

んで、写真が撮れない。

なので、家に帰って調理前に撮影。

ナンヨウチヌ
これはナンヨウチヌだね。

チャイロマルハタ
チャイロマルハタも釣れた。

釣行は結構な苦戦だった。
当たりはトータルで4回。
で、釣れたのはこの2匹。

中途半端な季節なんかな。
posted by 村田貴紀 AD 16.12.10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 珠海釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする